読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Okada Hiroshi の blog

typo が多いです

mastodonインスタンスを VPS から自作サーバーに引っ越しました

今まで mastodon インスタンス toycode – Mastodon を の OVHとうい会社のVPS で運営してきましたが、結構ディスクをやメモリを食うので、自宅サーバーに引っ越すことにしました。

事前準備(VPS側)

  • 自宅サーバーに ubuntu16.04 と Docker, docker-compose 等の必要なソフトをインストールしました。
  • VPS から 自宅サーバに切り替えた時に DNS の変更が早く反映されるように TTL を 60 にしました、また VPS のホストを切替後も参照できるように old という名前を追加しました。DNSAmazon Route 53 を使っているので、比較的作業は簡単でした。

事前準備(自宅側)

  • NVR500でdns static a mastodon.toycode.com 192.168.100.200 ttl=120と入力し、自宅内からアクセスした時はLANのアドレスを返すようにしました。

停止

  • 僕以外、ほとんど使っている人はいないと思いますが、一応「止めますよ」と toot してから5分ほど待って docker-compose down でインスタンスを止めました。
  • インスタンスを停止したので、Amazon Route 53 で DNS のレコードを編集して、 mastodon.toycode.com が自宅を指すようにしました。

データの移行完了と起動

VPS 側で、パーミッション等の設定をした後、もう一度 rsync で残りのデータをコピーしました、事前に殆どのデータをコピーしていたので、*(1分以内** でコピーが終わりました。 docker-compose up -d で起動し、自宅内のパソコンと(LAN内)、WiFiを切った状態のスマートフォン(外からのアクセス)で動作しているのを確認しました。