Okada Hiroshi の blog

typo が多いです

ssl

https (ssl) サーバーのサンプル

ローカルネットで開発する時に使用するワイルドカード SSL 証明書の取得方法の記事を書いたので、いくつかの言語で簡単な https サーバープログラムを記述しようと思います。 最近の言語は標準ライブラリや定番のライブラリが充実しているので簡単に https …

ローカルで開発中のコンテンツも初期の段階から https (ssl) で配信する (その3) Let's Encrypt を使ってワイルドカード証明書を取得しました。

ssl

5. Let's Encrypt のクライアントソフト Certbot をインストールしました。 PPA を追加して certbot をインストールしました。 $ sudo apt-get install software-properties-common $ sudo add-apt-repository ppa:certbot/certbot $ sudo apt update $ sudo…

ローカルで開発中のコンテンツも初期の段階から https (ssl) で配信する (その2) NSD のインストールと設定

4. NSD をインストールしました。 今回はマシンのリソースも少ないので DNSコンテンツサーバ(権威DNSサーバ) として軽量だと言われている NSD https://unbound.jp/nsd4/ https://www.nlnetlabs.nl/projects/nsd/ を使ってみました。 インストール自体は apt …

ローカルで開発中のコンテンツも初期の段階から https (ssl) で配信する (その1)

はてなブックマーク などごく一部のサービスを除いて多くの Web サービスが https で配信されるようになりました。 これはセキュリティ的には非常に良いことなのですが、開発している時には不便な事もあります。 例えば OAuth 2.0 のコールバック URL は大抵…

自宅で実行している Jupyter Notebook を外からアクセスしたかったので、リバースプロキシを設定しました

Jupyter Nodebook が便利なので、最近は自宅のデスクトップで立ち上げっぱなしにして、外出先からは ssh protfowarding で接続していました。 けれども、ブラウザだけでアクセスできたほうが便利な事も多いので、nginx の reverse proxy の経由でアクセスで…

中間証明書の連結

ssl

8月29日に購入したワイルドカード証明書ですが、僕が普段使っている環境では問題がなかったのですが、一部の環境※1では中間証明書がインストールされていないようなので、中間証明書を連結しました。 www.ssl2buy.com 上記のページの New AlphaSSL / Wildcar…

SSL ワイルドカード証明書を購入しました

ssl

個人で所有しているドメイン toycode.com のワイルドカード証明書の期限が近づいてきたので新しい物を購入しました。 最近は Let's Encrypt があるので SSL 証明書を自前でもっているメリットは少なくないのですが、それでもワイルドカード証明書を一つ用意…

EDINET から有価証券報告書・取引報告書をダウンロードしてくる CLI ツールを(node.jsで)作成しました。

株式投資をしていると、有価証券報告書を読んで分析する必要があります。 日本の会社の有価証券報告書は、EDINET という所からダウンロードできるようになっているのですが、 SSL 証明書が 政府認証基盤(GPKI) なので、ブラウザーによっては認証局を追加しな…